LGBTボーダーレス交流会で感じた「時代の変化」(90年代・2000年代~現在)

LGBTボーダーレス交流会で感じた「時代の変化」(90年代・2000年代~現在)

ゲイの弁護士、内田和利さんが
毎月開催している
ボーダーレス交流会: ナナージ
に参加してきました。
 
 
 
「LGBTの人も、そうでない人も
ボーダー(境界線)を意識せずに
フラットに交流しよう」
という主旨で毎月開催されていて、
毎回何かしらのセミナー付。
 
 
7/18(土)の回は
学校教育において性的少数者が
どのように扱われてきていたのか

についての
ミニセミナーがありました。
この様子を感想を交えてレポートしようと思います。
 
 

1970年代: LGBT=同性愛=倒錯型性非行 (問題行動)

1970年代の学校教育ではどうだったかと
いうと…
内田さんの説明では
LGBT = 同性愛 = 倒錯型性非行
だったとの事。
 
( 現在の教育内容と比べたら…うーん、びっくり! )
 
 
 
 
1970年代に現役教員をしていた人
(当時20代~50代) は
2020年現在、70歳~90代後半


上記の方が
「同性愛は問題行動 (直さねば)」
「性同一障害/性別違和という概念が無い」
時代を過ごした背景を考えると、
 
「高齢者がLGBT理解をしない傾向が高い」
のは時代背景上自然な事なのかな…と
思いました。
 
 
 
 
’70年代に小中高校生・大学生だった人
は、2020年現在50代後半~70代前半


世の中の流れが変わったとは言え
学生時代に受けた教育の影響は大きいので
「LGBTが注目される理由がわからない」
「同性婚OKになると少子化になる」
など考えるのも
時代背景上自然な事なのかな…と
思いました。
 
 
 
下は1970年代における学校教育での
LGBTの扱いを示した資料です。

 

1970年代の学校における同性愛の扱い

日本の学校教育は長らく、性的マイノリティを「問題グループ」として扱ってきた。
 
このことは、1979年に文部省(当時)が発行した『生徒の問題行動に関する基礎資料─中学校・高等学校編』において、
同性愛が「倒錯型性非行」
とされ、
指導して改善すべき「問題行動」として位置づけられていたことに表れている 。
 
こうした状況に変化が訪れたのは、1970年代から男性同性愛者による当事者団体が結成され始め、孤立した状況におかれがちな当事者のネットワーク形成や相談活動、権利保障を求める運動などがおこなわれるようになったことによる。
 
 
 
[引用元]
日本教育政策学会年報 第24号 2017年
性の多様性をめぐる教育政策研究の課題
太田 美幸氏

 
 
LGBTボーダーレス交流会の参加感想・レポート。毎月開催 (ゲイの弁護士・内田和利)  

2002年、教科書に初めて「同性カップルも一つの家族」。では、それまでは?

1970年代は「同性愛 = 問題行動」で
社会的にも「治すべきもの・治るもの
でした。
 
 
WHO(世界保健機関)が
同性愛を「病気ではない」と認めたのは
1990年
 
 
内田さんの説明によると
教科書に「同性カップルも家族の一つの形」
と載ったのは2002年
 
 
 
では…
それまでの日本社会ではLGBT全般は
どのように扱われていたのか気になって
調べてみました。
 
 
 
下は
2002年に初めて教科書に同性カップルも
家族の一つの形と載った事に関する資料です。

 

2002年の高校家庭科教科書

性的マイノリティの記述は、本年検定済の教科書で初めて登場した。
実教出版の2点
(『 家庭基礎― 自分らしい生き方 とパー トナーシップ』『家庭総合― 自分らしい生き方 とパー トナーシップ』)
である。

「人とかかわって生きる」という項目に、同性愛者のパートナー関係が記されている。
「近年では、生活をともにするが婚姻届を出さず、事実婚を選択するカップル、離婚をしても新たなパートナーと出会い、再婚をするカップル、同性同士で生活をともにする人たちなど、さまざまな形でパートナーとの生活を営む人たちがいる。」
 
 
 
[調査元]
学校教育と社会における性的マイノリティに関する言説研究
-1990年以降の教育メディアと新聞記事の記述分析-
松尾 由希子
(静岡大学 大学教育センター)

90年代・2000年代: LGBTのニュースは「ほぼ皆無」= 無視

下の表
新聞にLGBT関連の記事が
毎年どれくらい載ったか?」という
調査なのですが…
 
 
最初見た時は数が少なすぎて
これ、毎月の件数だよね?」と
勘違いしてしまいました。

2020年現在、LGBT関連のニュースは
個人的実感としては「かなり多く」
同性パートナーシップ制度や同性婚
などの話題が多くニュースになっている
印象があります。
 
 
 
 
ひるがえって1990年代は
(調査によれば)
10年間で1件。
(2020年の感覚からするとびっくり)
 
2000年代でも多い年で年6件
2ヶ月に1件「だけ」なんですね…。
 
 
 
少なくとも報道機関での扱いは
LGBTは「存在しない者」同然だった
ように思われます。


メディアで取り上げられるかは
読者が興味を持つと思われるか
(需要がある話題か?)
が判断基準なので
 
社会全般として「LGBTに対する関心」
が低かった事は予想できます。
 

朝日新聞を題材に、LGBT性的少数者の記事がどれ位掲載されたかを調査した論文。
前述、松尾 由希子氏の論文PDFより表部分を画面キャプチャする形で引用
1990年代・200年代はLGBTに関するニュースは「ほぼ皆無」=社会的には「無視」?

2010年代、性同一障害(性別違和)を中心に「配慮・対応」広がる

内田さんの説明によると
2010年代になって
セクシャルマイノリティに関する
文科省の通達 (先生の皆さんこうすべし)
の数は非常に増え、
 
7/18(土)ナナージでのミニセミナーを
聞いた限りでは全て覚えられず…
「2010年・2015年・2016年、、、と
2010年代後半はほぼ毎年のように
『こうすべし』的な通達が届いた」
とのみ記憶しています。
 
 
 
’70~’80年代: 問題行動 (非行)
’90年代: (ほぼ) 無視
00年代: 教科書に同性カップル
10年代: 「配慮」通達が激増
と、
特にこの10年の変化にただただ驚く
ばかりです。
 
 
 
 
教育現場までの扱いがこんなに変わったら
LGBTに関する知識や見方が
10代20代 / 30代40代 / 50代60代
それぞれで大きく違うのも当然だな…と
感じた次第です。
 
 
 
いずれにしても
● LGBTの地位向上に関して活動する方
● LGBTのニュースを取り上げたメディア
● 学校の現場でLGBTの事を教える先生
など
過去~現在において社会の変化に関わった
方がいたことで

ゲイでも昔よりかは差別されない社会
ができたんだな…と改めて思いました。
 
 
下の資料は
文科省による2010年の通達です。

 

2010年: 文科省、性同一障害への配慮に関する通達

(前略) 人気テレビドラマ『3年B組金八先生』(2001~2002年)においても
性同一性障害のある生徒が登場したり、性同一性障害のある小学生への学校の
対応が報道された(2009年埼玉県など)ことで、
教育問題としても広く認識されるに至った。
 
 
これらの状況を受けて、
文科省は2010年
「児童生徒が抱える問題に対しての教育相談の徹底について(通知)」を出し、
性同一性障害の児童生徒について
「各学校においては、学級担任や管理職を始めとして、養護教諭、スクールカウンセラーなど教職員等が協力して、保護者の意向にも配慮しつつ、
児童生徒の実情を把握した上で相談に応じるとともに、必要に応じて関係医療機関とも連携するなど、
児童生徒の心情に十分配慮した対応」
を学校に求めた。
 
 
 
[引用元]
日本教育政策学会年報 第24号 2017年
「性の多様性」をめぐる教育・学習と
性的マイノリティ支援のあり方
渡辺 大輔氏

制度が変わるには10年、意識が変わるのは20年?

1990年から2002年の流れ

( 1 )文科省通知発出までの経緯
1990年、動くゲイとレズビアンの会(アカー)が東京都府中青年の家で合宿利用中に、
他団体から差別を受けた上に、東京都教育委員会によって今後の宿泊利用を拒否されたことに対し、翌91年にアカーは東京都を提訴した。
 
 
この裁判における東京高等裁判所による判決
1997年)では(中略)
 
 
この判決を受け2000年に制定された
「人権教育及び人権啓発の推進に関する法律」
にもとづいて
2002年に策定された「人権教育・啓発に関する基本計画」では、
(以下略)
 
 
 
[引用元]
日本教育政策学会年報 第24号 2017年
「性の多様性」をめぐる教育・学習と
性的マイノリティ支援のあり方
渡辺 大輔氏

今回の記事を書くに当たって
事実 (出来事) の時期を調べて
「何がきっかけでこんな変化が」
というのを知る機会にもなりました。
 
 
 
上の資料は
日本教育政策学会年報という
研究誌に載った論文ですが
この著者の視点を借りると
LGBT(主に同性愛)を取り巻く環境は
こう変化した模様です。
 
 
 
[1970年代]
● 同性愛者、各自バラバラ
● 学校現場では「同性愛=非行」
● 同性愛者の活動始まったらしい
 
 
[1980年代]
● 同性愛者の活動団体増える?
 
 
[1990年代]
● 「動くゲイとレズビアンの会」が
公共施設の利用を禁止された事への
裁判が7年かけて結審
 
 
[2000年代]
学校教育で同性愛カップルが登場
 
 
 
 
特に
「動くゲイとレズビアンの会」の裁判が
1991年に開始→1997年に結審
それが2000年
人権教育及び人権啓発の推進に関する法律
に結び付き、
 
ダイバーシティの流れの中で
LGBTの話題が増えて行ったのが2010年代
後半だと思うと、
 
制度が変わるのに10年
社会(の意識)が変わるのは20年
かかるんだな…と何となく思いました。
 
 
 
 
長生きしたくない僕としては
13年後~17年後くらいの間に
交通事故か災害に巻き込まれて事故死
(即死) するという人生計画なので
どこまで変化を体感するかわかりませんが
 
生きている期間は
社会がより良くなる方向に向けて
何かしら行動しようと思いました。

( LGBT関連とは限りませんけど。
環境保護とか貧困対策も含めて何か
)
 
 

LGBTボーダーレス交流会の参加感想・レポート。毎月開催 (ゲイの弁護士・内田和利)

まとめ

2020年7月18日(土)
ボーダーレス交流会「ナナージ」で
ミニセミナーとして
学校教育とLGBT」が取り上げられ
感想をまとめました。
 
 
 
ナナージは現在オンラインで
毎月1回 (土曜11時~12時半)
開催されています。
 
 
LGBTの方
LGBTで無いけれど理解したい方
LGBTなのかぼんやり悩み中の方
どなたでも
ボーダーレスで参加大歓迎です。
 
 

関連記事

● [LGBT勉強会、2020年の予定]
LGBT勉強会に参加します ● [「差別・糾弾」を恐れる気持ちの正体]
ゲイがSNSとブログでコメントを受け付けない理由と、コロナを恐れる風潮は案外似ているかもと思った話  
 

Return Top