アデルが激やせダイエット成功! でもイマドキは褒めないのが良い?

アデルが激やせダイエット成功! でもイマドキは褒めないのが良い?

美の基準は様々な時代に。「痩せる=称賛」とは限らない!?

痩せすぎは良くない (不健康)
● 痩せてなくてもいいじゃないか!
● むしろ太めの自分、最高!!
など、
体型に関する「美の基準」は近年大きく変わってきたと感じています。


ボディポジティブ、プラスサイズモデル
などの言葉が広がったのも一つの現れかも。
 
 
 
そんな中、
イギリスの歌手アデル (Adele) が大幅に減量して痩せた姿をSNSに載せたら
賛否両論!
という記事を見つけたので、
 
「今」の美の基準を感じるニュースとして取り上げようと思いました。
 
 
( 賛否両論とはいうものの、痩せるために努力をした事には賞賛が多く集まっています )
 
 
● 参考記事はこちら

アデルのビフォーアフター、こんなに違う!

「大幅減量」が話題のアデルですが、
どれ位変わったのでしょうか?
 
アデルのインスタ (2017年・2020年) を比べれば、その違いは一目瞭然。



( 確かにこれは大変化 )
 
 
 
ダイエットの方法としては健康的・安全な方法で行った模様で、
脂肪吸引や胃のバイパス手術などではなく
運動や食生活改善を地道に続けたそうです。

「痩せる前の彼女も素敵」に隠された思いは様々

痩せた姿に対して圧倒的な数の賞賛が集まったアデルですが、
中には
痩せる前も十分魅力的だった
という声も。
 
 
下のツイートは
思いがけずリツイート (拡散) されまくり、なんと100万ものいいねが付く結果に。

(訳)
「彼女は以前から魅力的だった。世間の人々は肥満恐怖症なのだ」
 
 
 
さて、
アデルが痩せても積極的に賞賛しない
痩せたアデルが注目されるに反対する
などの声の背景には
痩せ至上主義に反対
「ありのままの体型をポジティブに捉えることが良い (太っている事で自分を責めない)」
などの考えがあるようで、
 
この数年で広まってきた
ボディポジティブ」という考えが反映されていると思われます。


単に
● アデルが太ろうが痩せようが興味ない
● アデルは太め体型の方が好き
という考えとは
違う考えに基づく声がたくさん寄せられた模様です。
 
英国の人気歌手、アデルがダイエットして大幅減量した姿をインスタグラムで披露。ボディポジティブの流れを受けて賛否両論が

まとめ

日本でも渡辺直美さんがエステサロンのイメージキャラクターを務めているように、
「ガリガリレベルのスリム体型至上主義」が
無くなってきたように思います。
 
不健康でなければ、どんな体型も美しい
痩せていない自分を恥じる必要はない
などの流れは
今後も強まると思います。
 
 
 
以上、
アデルがダイエットで痩せた事に賛否両論が集まったニュースを読んで
思ったことをまとめました。
 
また次の記事でお会いしましょう!!

中森学(美容スキンケアが好きなブロガーで、同時にライター)

書いた人
中森 学
 
 

3日坊主…というか、ブログもSNSもたいてい3投稿で挫折するダメブロガー。
 
体型に関しては
「痩せすぎ・ガリガリ」とからかわれたり、「(男子なのに) 女子みたいに細くて “うらやましい”」と言われたりして
体型の事はどうでもいいからほっといて…」
と思ってます。

3.0 rating
Return Top