SDGsって難しそう…と思う人でも簡単にできる「SDGs実践3つのステップ」【前編】

SDGsって難しそう…と思う人でも簡単にできる「SDGs実践3つのステップ」【前編】

ナカマチ2丁目ブログの中森です。
 
SDGs」(エスディージーズ) という
単語をニュースで聞くようになりました。
ですが…
SDGsが何かを知る機会はないですよね。
 
 
SDGsについて日常生活で知識を得られるとしたら
SDGs = 環境保護っぽいイメージ
( 何か「良い事」らしい )
SDGs = 企業が時々アピールしている
SDGs = 偉い人が解説している
みたいな
感じの方が多いと思います。
 

もすゴリ
人によっては
● 友達がSNSに投稿していた
● 取引先の人が「SDGsバッジ」を着けている
という方もいるかもね!

 
えぇ…、ぶっちゃけると
SDGsは
意識が高い人 & 大企業・政府が、難しい単語を使って話す、難しい内容
みたいなイメージの方が多いと思います。
 
 
 
今日は、そんな
「意識がそこまで高くない」普通の人が
もし “SDGs実践しましょう!” と言われた時の為に
誰でもすぐ実践できるSDGs」を
5つのレベル別に分けて書きました。
 
この記事では最初の2段階を書こうと思います。
 
 
 
 

(説明) SDGsとは結局何なの?

SDGsとは簡単に言うと…
これからの社会が目指す17の方針
です。
( 詳しい解説は後編で )


細かく表現すると
「売れれば良い」「自分達だけ快適なら他人は関係ない」という
身勝手な経済活動をしてきた人間が
環境破壊・貧富の格差などの諸問題がヤバい状態だと気づき
「これからは環境や他人を犠牲にしない経済活動をしよう」
と反省して考え出した
これからの社会が目指す方針」です。
 
 
 
なぜ方針が17個もあるかというと、
今まで身勝手な経済活動をしてきた結果
色々な問題が多く発生しすぎて
似た種類の問題をまとめても、17個にしかまとめられなかったからです。
 

もすゴリ
環境破壊、資源枯渇、経済格差、差別…など、今の人類は多くの問題を抱えているよね。
中森
SGDsは「諸問題を解決するための、17の新方針」なんだけど
シンプルに整理すると
3つにまとまります。

地球に優しくする
人に優しくする
優しい社会を作る
もすゴリ
なるほどね!
「優しくする」と考えたら、誰でも何かはできそう!

次ページに続きます

Return Top