独立・開業直後の個人事業主がやってしまいがちな失敗、5パターン

独立・開業直後の個人事業主がやってしまいがちな失敗、5パターン

ナカマチ2丁目ブログの中森です。
 
先日、「個人事業主が販路拡大するためのお役立ち情報 (知識)」という趣旨の ポッドキャスト番組を収録しました。
 
そこでは登場した人が独立当初の話を
色々話したのですが、
意外と多かったのが失敗談」。
えぇ…こんな失敗をする人もいるんだ…。
えっ!? この人も昔はこんな失敗を?
など、「起業当初の失敗」は人それぞれ。
 
 
今回はその中でも
個人事業主の、起業当初の失敗例
(特に、お店を構えない業種の方。
コンサル業・講師業・カウンセラー・占い師など
)
に絞り、
「多くの人がやりがちな失敗」
挙げようと思います。
 
 
 
 

初対面の人・疎遠だった友達など誰にでも売り込みをして、内心嫌がられる

今回の記事は
「独立・起業直後の個人事業主
( 特にお店を構えない業種の方。
コンサル業・講師業・カウンセラー・占い師など
)」を
イメージして書きました。
 
上に挙げた方に
起業/開業当初にした失敗を聞いたところ
友達・親戚・交流会で出会った人全てに
営業
していたらうっとうしく思われた

と話す方が3割ほどいました。
 

もすゴリ
個人事業主に近い活動スタイルの「保険営業」の人からも同じ話を聞いたよ~
中森
BtoC (一般消費者向け) のビジネスをしていて、店舗を構えない仕事の方 (コーチング・カウンセラー・保険営業・占い師など。ネットワークビジネスの人も…) が「仕事の話抜きの交流会」に来て参加者に営業をかけて嫌われる…
という例をたくさん見ました。
 
自分の提供サービスに相手が興味関心を持ってくれなければ、どれだけ熱心に商品/サービスをアピールしても買う気にはなってもらえないのです。

誘われるままに飲み会や交流会に参加するが、参加目的を考えないために時間を無駄にしている

「営業職の時代から人脈作りが得意で、
会社員時代の人脈や知識を使って同業で独立した」
という方とは違い、
営業経験が無い方が起業した場合
最初は「人脈・販路作り」に取り掛かることになります。



人脈作り・販路作りの経験が少ない方が
起業直後にハマりやすい失敗
「人と出会わなければ! と、たくさんの
交流会や人が集まる場に出かけるが
「人と出会う」だけしか考えていなくて
自己アピールが下手なために
人脈作り/商談に繋がらない (手応えなし)」
というパターンです。
 

もすゴリ
異業種交流会や飲み会の場なら「興味ない話を聞かない権利」があるもんね。
 
人脈作りを目的に
人が集まる会に出席する時は
どんな人が参加するか情報収集する」「達成したいゴール」を考えると、時間をムダにせずに済むよ!

次ページに続きます

Return Top