【家事】 ゴミの量を「小袋1つ」に収めるコツ3つを公開するよ ~エコ&節約~

【家事】 ゴミの量を「小袋1つ」に収めるコツ3つを公開するよ ~エコ&節約~

ナカマチ2丁目ブログの中森です。
一人暮らしは17年しています。
「一人暮らし・17年生」です。

( いつか卒業するのだろうか? )
 
 
 
ふとしたきっかけでゴミ出しの話になり
スーパーの半透明の袋1つ分に収まる」
と話したら、一緒にいた人が驚きました。
 
 
すごい裏技・難しい節制などは
していないつもりですが、
誰かの役に立つかもと思ったので
ブログにまとめようと思います。
 
 

工夫1: 弁当類を買わず、自炊を心がける

ゴミを少なくする為にしているワケ
ではないですが、
結果としてゴミが少ない原因として
弁当・惣菜やペットボトル・缶飲料を
なるべく買わないようにしている事が
挙げられると思います。

容器類のゴミが少なくなる。
 
 
 
 
但し、
自炊を心がけても容器ゴミはある程度は
出てしまいます。
( 納豆や豆腐や卵パック、醤油の容器
ヨーグルトのパックなど
)
 
食べ物の容器は食後に軽く水洗いをして
乾かし、同じ種類同士を重ねて
プラスチックごみの日」に出しています。

プラスチックゴミの量は
スーパーの有料レジ袋(中)1つ分。
 

ゴミの量を「小袋1つ」に収める工夫 2

工夫2: 食べ残し・使い忘れ(腐らせる) を出さない

これも「すごい工夫」ではないですが
料理の量が多すぎて、食べ残す
食材を使い忘れ腐らせる
などを極力0にしています。
 
( 食材を買っても使うペースが遅くて
腐らせてしまう事は… たまにあり
)
 
 
「食べずに捨てる」「使わずに腐らせる」
などは
もったいないオバケに怒られる最たる理由であり、
節約・環境保護・生産者や流通業の方に
申し訳ないなどあらゆる面で「ダメダメ」
な行為だと思います。
 
 
 
 
日本の「食品ロス率」
( 食べ残しや、食材を使わず捨てる割合 )
は、20%と言われています。
 
政府のルールで解決する事柄ではなく
個々の個人・飲食店が気を付ける事だと思うので、
「自分が買った食材は使い切り、
注文した料理は食べきる (食べられる量を頼む)」

徹底しようと思います。
 
 

豆知識: 食糧自給率とフードロス

下の2項目のボタンを押すと
詳しい解説が読めます。
 

「食糧自給率」とは?

日本国内で消費された食料のうち、
どれ位を国産品でまかなえたか
自給率です。
2種類の計算方法があります。
 
 
 
(1) カロリーベース
日本国内で消費(購入)された
食糧が、どれくらいのカロリー
があるか計算をして、
 
「日本人が生きていく為の
エネルギー源として食べた食糧
のうち、何割が国産か?
」を
計算する考え方です。
 
 
(2) 金額ベース
日本国内で消費された食料の
購入金額のうち、何割が国産か?
を金額を基に計算する考えです。

一般的に国産品は輸入食品より
割高なため、
同じリンゴ1つ (カロリーも同じ)であっても、
金額上は国産品の方が「金額の割合」
は多く占めます。
 
 
 
(1)と(2)では計算方法が違うので
違う数値となりますが、
一般的に使われるのは(1)で、
「(カロリーベースの) 自給率は
3割台
」と言われています。
 
 
[ 参考: 農林水産省
「日本の食料自給率」解説ページ ]

「フードロス率」とは?

● 食材を買っても使わず腐らせた
● 食べ残しを捨てた
などの
無駄(=ロス)」をフードロスと呼び、
 
日本国内で調達された食材の何割が
使われず捨てられた
使われたが、食べられず捨てられた
かの割合が
フードロス率」です。
 
 
 
日本のフードロス率はなんと…
20%と言われています。
( 5分の1 )
 
 
「自給率30%台」という事実と
合わせて考えると、
「生きる為の食糧を国内だけで
生産できないから輸入しているのに
5分の1をムダに捨てている
という事になり、
 
食糧を巡る流れ全体を眺めると
無駄な点をあるのがわかると思います。
 
 
[ 参考: 日本もったいない食品センター
( webサイトはこちら ) ]

工夫3: ゴミが少ないメリットを意識する (臭いが少ない)

ゴミを少なくする一連の行動を
節約のために何かを我慢
「プラスチック容器を洗うのは
面倒だけど、環境保護のため我慢
など、
我慢と考えたら
正直続かないです。
 
 
 
弁当やペット飲料を買わず自炊
空容器は水で洗い乾かす
などをするメリット
ゴミの量が減る」よりも
ゴミの臭いが減る・無くなる
効果の方が何倍も大きくて、
 
ゴミの臭いがほぼ0になるなら
空容器は洗うし、自炊も頑張ろう!
とやる気が続きます。
 

ゴミの量を減らす動機やモチベーションとしては「ゴミの臭いが減る」事が大きく影響している

まとめ

一人暮らしを始めた当初
食事はほとんど惣菜や外食
ゴミが溜まり、臭う
( 量も多いので、ゴミ出し面倒 )
( でも臭いの嫌だから、仕方なくゴミ出し )
という感じで、
ゴミの分別も自炊も「面倒な作業」でした。
 
 
ある時から節約目的で自炊に努め、
皿洗いのついでにプラスチック空容器も
洗うようになったら
ゴミの臭いが激減!!」と気づき、
それからは
「空容器を洗う」「ゴミ出し(準備も含め)」
が楽しくなりました。
 
 
 
今後も
財布に優しく自炊、鼻に優しく臭い防止
(空のプラスチック容器は洗う) を続けよう
と思います。
 
 

関連ページ

● [スマホのホーム画面を整理]
スマホアプリを整理して、ホーム画面を効率化した話 ● [スマホ代を節約]
コロナで在宅ワーク中心に変わったのを機にスマホ代を再検討した話。 ● [財布の中身を断捨離]
財布の中身を断捨離したら、厚み1cm減った話  
 

Return Top