【スマホ代】 コロナで在宅ワーク中心に変わったのを機にスマホ代を再検討した話。 (UQモバイル)

【スマホ代】 コロナで在宅ワーク中心に変わったのを機にスマホ代を再検討した話。 (UQモバイル)

こんにちは、「楽しく節約」をモットーに
家計の無駄を探して省くように努めている
ライター中森ですが…
スマホ代の事をうっかり忘れていました。
 
 
( 新型コロナウィルスの影響で
取引先との打ち合わせがオンラインになり
外出機会が9割減った
)
 
 
 
スマホの使い方がこんなに変わったのに
料金プランがコロナ前のままなのは
絶対ムダがあるはず!! と思い
早速チェックしてみました。
 
 

中森家の携帯代事情

東京都新宿区で一人暮らし。
光回線が備わっている建物で、
なんと入居者は無料で使えるため
在宅時はネット代がタダ
 
外出時にネットを使う場合だけを考えれば
OKで、コロナ前は毎月3~4GB利用。
 
 
格安SIMだと時間帯によって回線混雑が
あると聞き、仕事で外出時に遅延なく
使いたいからauの「データ定額7」を利用。

コロナで外出激減、スマホ利用も激減

上記の通り、スマホの契約プランは
コロナ前の活動に合わせて
auの「データ定額7」(7GBまで定額) に
していました。


( コロナ前でも実際の使用量は3~4GBで、
「あと少しだけ少なければ3GBのプランに
できて大幅削減できるのに…!!」と
思っていました。
)
 
 
とにかく、
コロナ禍で仕事の打ち合わせはオンライン
になり、自宅で打ち合わせするように。


自ずと外出が激減
毎月6,030円払い、7GB使う環境を整える
必要がなくなってしまったんですよね…。
 
なんて事をぼんやり自覚しながら
3月から7月までは何も疑問を感じずに
プラン変更をせずに過ごしていました。
 
 
 
ふと気になって
Web明細で過去のデータ使用量を見たら…
7月: 7/24の時点で2.23GB
6月: 1.35GB
( 以前からの激減ぶりにびっっっくり )

現在の使い方・データ使用量を考えると
auの「データ定額7、毎月6,030円」は
とんでもなくムダという事に気づきました。
 
 

新型コロナウィルスでテレワーク/リモートワーク状態になったため自宅外でのスマホ利用が激減。スマホ料金のプランを見直す事に

最初はauのピタットプランを検討

まずはキャリアを変えずにプランだけ変更
するつもりで
auのピタットプランにしてみようと思い
調べてみました。
 
( 料金プランは下の画像参照 )
 

新型コロナウィルスの影響で在宅ワークとなり、スマホの料金プランを見直すことにした

[現在] 月間7GBまで定額6,030円
 
[ピタットプラン]
2~3GBだと4,480円
1~2GBだと3,980円


思ったほど安くならないな…
( ほとんど使っていないから、劇的に
思い切って安くしたい
)
と思い、
 
だったら3大キャリアにこだわらず
格安SIMでも良いのでは? と思って
MVNOにしようと思った次第です。
 
 

auから変えるならUQかな?

現状、自宅外でスマホを使って
ネット接続する目的
メールやLINEの確認・返信
乗換案内天気予報を調べる
SNSを見る、投稿する
くらいで
 
「格安SIMは時間帯によって遅延」
などは心配不要なのはわかっていました。
 
 
 
とは言っても
時間帯により混雑・遅延するのは嫌なので
au系列(子会社。秋にはau本体と合併)の
UQモバイルなら混雑・遅延がほとんど無い
と聞くので
UQモバイルを第一候補にして料金を調べてみました。
 

格安SIM(MVNO)は時間帯によって接続スピードが極端に遅くなると言われているので、auから変更するならまずはUQMobileを第一候補にして考えた

びっくり!! UQモバイル安いよ

今のスマホ代とデータ使用量を比べるとコスパが悪く、無駄だと実感 (ほとんど使っていない)。そこでUQ mobileをまず検討。

 
UQモバイルの料金プランは2つ。
( シンプルでわかりやすい!! )
 
スマホプランR (10GBまで)
スマホプランS (3GBまで)


今の使用量だとS(3GB)だな
すごいよ、月額1,980円だよ!!
スマホ代が今の3分の1になるよ。
毎月4,000円浮いちゃうよ!
大興奮です。
 
 

Yモバイルとも比較。悩む…!!

キャリア系の格安SIMで比較するなら
ソフトバンクのYモバイルとも比較して
おかないと… と思い、
Yモバイルの料金プランも調べました。
 

今のスマホ代とデータ使用量を比べるとコスパが悪く、無駄だと実感 (ほとんど使っていない)。次にY! mobileと比較検討。

 
月間3GBだと「S」なんだけど、
パッと見UQと大差ない気が…



UQは「10分まで通話無料」がなし。
しかし「10分までなら通話無料」を
オプション(700円)で付けると
Yモバイルと同額
 
 
Yモバイルは元々10分まで通話無料。
UQより良さそうなのは「半年は700円引
 
 
2つを比べると
UQよりYモバイルの方が魅力的に思えて
正直悩みます…
そこで、比較表を作って冷静に考える事にしました。
 
 

比較表を作り、冷静に検討→UQモバイルに決定

今のスマホ代とデータ使用量を比べるとコスパが悪く、無駄だと実感 (ほとんど使っていない)。キャリアのサブブランド2つを比較

 
「10分までなら何度でも通話無料」という
オプションをUQのスマホプランSに
追加すると、Yモバイルと同じ金額のため
比較表を作りました。
 
 
 
 
[ わかった事 ]
 
(1) 普段、電話ほとんどしない
 
冷静になって振り返ったら
普段ほとんど電話しない事を思い出しました。冷静さって大切です。


過去半年の通話時間は平均して毎月8分
(「かけ放題」がもったいなくて
30秒20円の「標準通話料」で話してるが
8分だと320円。
700円払って「話し放題」にする方が損
)
 
 
 
(2) 3GB超過後のスピードはUQの方が速い
 
「ギガ死」「ギガが減る」と表現される様に
契約プランの通信量を超過してしまうと
ネットへの接続スピードが極端に遅くなる
のですが、
 
UQは300kbpsYモバイルは128kbps
( 2倍以上違う )


この差は大きいので
UQモバイルが魅力的に見えてきました。
 

今のスマホ代とデータ使用量を比べるとコスパが悪く、無駄だと実感 (ほとんど使っていない)。最終的にUQ mobileに決定。

 
結局UQモバイルに決めた理由
 
 
通話しないので、Yモバイルの
「10分まで通話無料」が組み込まれた
毎月2,680円はムダに感じた
 
3GBの定額超過時、UQなら300kbpsで
「文字主体のネット利用なら問題なし」と
説明されていた。
( 自宅外でのネット利用は、ほぼ文字のやり取りのみ )
 
 
という、上記2点です。
 
 

まとめ

偶然自宅マンションではネットが無料で
利用できるため、
外出時のネット利用 (スマホ利用) を
考えれば良く、
 
現在の使い方に合わせてUQモバイルの
「スマホプランS」に変更する事に
決めました。
 
 
 
転職/就職・異動・休職退職・引越
などで
スマホの使い方は変わると思うので、
環境が変わったら料金プランも同時に
見直すのが大切だと思いました。
 

今のスマホ代とデータ使用量を比べるとコスパが悪く、無駄だと実感 (ほとんど使っていない)。そこで格安モバイルにする事に。

関連ページ

● [節約] キャッシュレス決済の効果
キャッシュレスのポイントやクーポンを使うと、どれ位得するか調べてみた ● [効率] スマホホーム画面整理
スマホアプリを整理して、ホーム画面を効率化した話 ● [生活] 災害に備えて備蓄
水の備蓄が0ではないかと気づいけど、スーパーの「水補充サービス」を使えば簡単だと気づいた件  
 

3.5 rating
Return Top