テレワーク移行後6ヶ月。メリット/デメリットをまとめてみたよ。 (フリーランスの場合)

テレワーク移行後6ヶ月。メリット/デメリットをまとめてみたよ。 (フリーランスの場合)

注意

この記事には「LGBT」「HSP」
「コミュニケーション(人間関係)」
に関する話題が含まれます。
上記3つが嫌い/苦手な方は、
この記事は読まない方が良いです。

ナカマチ2丁目ブログの中森です。
気づいたら「完全テレワーク」半年。
 
 
2020年4月前後は、働き方の上で大きな変化がありました。
 
新型コロナウィルス感染症により
打ち合わせもオンラインとなって
「95%在宅ワーク」になった以外に
人間関係の変化もありました。
 
 
 
95%テレワーク = ほぼ完全テレワーク
半年経過を記念して、
半年間の変化と感想
テレワークのメリット・デメリット
などを
ブログにまとめようと思います。
 

この記事が役立つ方

(1) 業種・職種関係なくテレワークをしている方。
(2) フリーランス・個人事業主
または、今後フリーランスになろうと考えている方

 
 
 
 

メリット: 人間関係が薄くなったのは、都合良かった

全般的・総合的に判断すると、
テレワーク (在宅ワーク) は、自分に合っていると思います。

( 元々作業は自宅 / 打ち合わせは対面
だったので、半分テレワーク状態だったのが大きい
)
 
 
 
自分にとって
最も都合が良い点 (メリット) は
人間関係が薄くなった」という点です。
(↓ 詳しくは下枠を参照 ↓)

自分の仕事だけに集中できる

[ 一匹狼タイプ ]
僕は「不毛な議論」「感情的な対立」
で仕事や会議の進行が止まるのが…
…とても嫌いです。
 
「感情的な対立をほぐして、組織をまとめるのも仕事のうち」という
考えには賛成しますが、
職場での感情的な対立に巻き込まれるのは勘弁です。
 
 
リモートワークにより
自分の分担作業に集中できる
環境が整ったと感じる為、
今の働き方は自分の価値観に合っていると思います。
 
 

※ 引き換えに失う物
「一匹狼」(自分の仕事だけしたい・組織内の対立と距離を取る)
という働き方をしていると
組織のリーダーにはなれないと思います。
 
その点は承知していますし、
フリーランスである時点で
そもそも「出世・リーダー」の道は無いので、気にしていません。

プライベートを詮索されない

元々1つの事に熱中する性格で
「仕事の時間は、仕事だけに集中したい」と思うタイプです。
( 雑談は大いにアリだけど、
自分が雑談をしようとは思わない
)
 
 
世の中には
同僚のプライベートを聞きだす事で
相手を知る = 人間関係構築」と
考える人もいるのですが
僕は仲良く前の人には
プライベートを聞かれるのは好きではないです。


テレワークで雑談が激減した環境は
自分にとってはラッキー・快適です。
 
 

※ ゲイである点も言わずに済み、快適
僕は「仕事に影響なければ、プライベートの情報は知る必要なし」
と考えています。
 
リモート前 (コロナ前) は
「お子さんは? あ、独身なの? どんな女性が好み?」とか
噂でゲイと聞いたんだけど
などと
雑談めかして聞く人もいましたが
今は「0」で、この点は快適です。

中森さんは「黙々と働くアンドロイドかAI」になりたいんだよね~
そうそう。自分が愛想よく思われていて仕事がスムーズに進めば満足だから、趣味・夢・恋愛話・家族の事とか自分から進んで話す気はゼロ。
早く人間やめて、アンドロイドになりたい!
ナカマチ2丁目ブログ (なんじゃそりゃ)

デメリットと解決策(1) ~健康面・時間管理~

95%リモートワーク (在宅) になった当初は
「移動/通勤時間なくなる!!」
「人間関係のアレコレ減った!」と
メリットに喜んでいましたが
 
運動不足
時間の使い方
 の
2つに関して、デメリットがある事も気づきました。
 

運動不足と、その対策

95%リモートになってから
1ヶ月経った頃、
「昨日は1歩も外出してない!」
と気づく日が多い事に思い至りました。
 
 
買物の際に遠回りをして
なるべく歩くように努めましたが、
最終的に
チラシポスティングのバイト」を
する事で解決する事になりました。
 

やる事が無いと、ダラける

● 音楽を聴く以外は無趣味
● 出不精
● 夢や目標が無い
タイプなのが影響して、
 
リモート1ヶ月目
するべき事が無い時はひたすらゴロゴロしてました。


これはマズイ!! と思い
ブログ再開 (リベンジ)
家事を真面目に・小まめに
するように心がけ、
最終的に
新規の仕事を入れ、忙しくする」
事で解決を図りました。
 

次のページに続きます

Return Top