小さな会社や個人事業主は、不祥事の際どう謝るのが良いか? ~ローランドとGACKTのドレス盗作事件で考える~

小さな会社や個人事業主は、不祥事の際どう謝るのが良いか? ~ローランドとGACKTのドレス盗作事件で考える~

ナカマチ2丁目ブログの中森です。
 
著名人であるローランド・GACKTが
プロデュースしたウェディングドレスが、
実はデザインがパクリと分かりました。
 
この際の両人の対応が対照的だと話題になっています。
不祥事の際、個人事業主や小さな会社の経営者が取るべき行動を考えました。
 

この記事が役立つ方

● 小さな会社・お店の経営者
● 個人事業主
● フリーランス
● 営業職・販売職の方
 
( 顧客・取引先・関係者に対し、仕事上謝罪する機会がありそうな方 )

事件のあらまし (ココを押す)

ROLANDとGACKTが組んだコラボブランド「G&R」の商品 (女性用ドレス) が、他社の既存製品の盗作と判明。
 
2020年12月16日に発表後、他社製品に酷似している指摘が相次いだ。
調査の結果「デザイナーが他社製品を模倣した」とわかり、12月20日にROLAND・GACKT共に謝罪。
 
商品の企画・販売はdazzy社が手掛け、ROLAND・GACKT共に商品開発の詳細には関わっていなかった模様。
名義だけ貸したなど「完全なるお飾り」だった様子ではないが、実態はdazzy社に「G&R」ブランドを丸投げで任せ、お膳立てしてもらった模様。

 

 
 

謝罪は両者とも早かった

「G&Rのドレスが、他社製品に似ている。盗作ではないか?」と話題になり、調査で盗作と判明した後の対応は、両者とも早かったです。
 
ROLAND・GACKT共に12月20日に謝罪コメントを発表しています。
( ROLANDはツイッター、GACKTはYouTube )
 
問題がわかったら、速やかに発表する
という観点では、良かったと思います。
 

もすゴリ
問題がわかっても発表が遅くなって批判されるパターンは2つあると思うよ~  
(1) 問題を先送りすればウヤムヤになって忘れ去られると思い、わざと発表を遅らせるケース  
(2) 不祥事を発表すれば詳細を質問されるから、事実確認や質問(批判)対策のための準備に時間がかかるケース
中森
原因は何であれ、重大な問題がわかったのに公表を遅らせると更に批判されるよね。

個人事業主・小さな会社で起こりうる問題・不祥事

最も考えられるのは商品の問題。
商品やサービスに不備があり
怪我人・病人や事故が発生した
発生する可能性が高い問題が見つかった
商品の性能やサービスの効果を偽っていた
などです。

短い謝罪・長い謝罪どちらが良いのか?

「どの様な謝罪方法が良いのか?」
に関しては、唯一絶対な “正解” はありません。(その時の状況で違う)
 
今回は
ROLAND: ツイッターで簡潔に謝罪
GACKT: 動画で10分弱の謝罪 と、
「短い」「長い」と対照的でした。
 
ニュース記事に書き込まれたコメントやSNSでの反応を見る限り、
ROLANDに対して「早い」「言い訳じみていない」などの感想が集まっています。
 

もすゴリ
問題発覚後はスピードが大切だから、ツイッターで素早く謝罪したROLANDが評価されるのはわかるな~ 動画だと収録や編集に時間がかかるから、素早い謝罪には使えないかもね。
二段階式に「SNSで簡潔に謝罪」→「記者会見や動画で詳細を説明」だと、より丁寧な感じがするね。

言い訳じみた謝罪は、反発を買う

謝罪発言の内容についての評価は、
ROLAND・GACKTで評価が分かれました。
 

 

 
 
ROLANDについては
「素早く謝罪したのが良かった」
「言い訳じみていない」という声が多かった一方、
 
GACKTに対しては
「(事件に)『怒りを感じている』」という表現が他人事っぽい
「サングラス姿で不真面目な印象」
「『若さ故の過ち』など、dazzy社をかばっている」など、
他人事に感じる姿勢・言い訳する姿勢を指摘する声が集まりました。
 
10分間話す動画は、ツイッターよりも多くの情報を伝えられますが
「言い訳・責任逃れ」のための情報を
たくさん発信してしまったために共感は得られなかった模様です。
 
 
 
問題の原因を詳しく説明することと
言い訳をして責任逃れをする事は
聞き手は全く違う印象を抱く事が改めてわかりました。
 
 
次ページに続きます
 

Return Top