「理念」が人を動かす時代と聞き、会社員時代を振り返った ~理念が浸透しなかった失敗例~ (思い出話)

「理念」が人を動かす時代と聞き、会社員時代を振り返った ~理念が浸透しなかった失敗例~ (思い出話)

ナカマチ2丁目ブログの中森です。
 
フリーランスのライターとして
「働き方」には多少興味があり、
人事・採用・働き方改革関連のニュースはなるべく読むようにしています。
そこで言われているのが
「理念は大切だ」という説。



社員が自発的に動く会社は、理念を大切にしている」
「イマドキの大学生は、会社の理念を見て応募するか選んでいる
などと言われて久しいですが



僕の周りの反応は二分されています。
納得 & 賛成」という方もいれば
「否定しないが、積極的に肯定はしない」と人もいます。
( お互いの環境が違うため、違う考えを持つのだと思います )
 
僕はどちらの立場も経験しました。
「理念の効果を信じる派 / 信じない派」
どちらの方にとっても
相手の考えを理解する上で参考になったらいいなと思い、前々職の話を書こうと思います。
 
 

もすゴリ
理念に関する記事は、3部作でお届けするよ!!
中森さん、急に意識高くなっちゃったね。こないだ痛みかけのトマトを食べたからじゃない?

 
 

 

理念はあるが、理念が話題になった事は一度もなかった

とある会社で販売職 (店舗勤務) を
していた頃の話を書こうと思います。

( 働く人は「良い人」ばかりでした。
性格に難がある人はいなかったという意味で
)
 
 
 
その会社には
社是 (しゃぜ = 会社として大切にする考え)」があり、
朝礼で全員で唱和していました。
( 大声で。体育会系の雰囲気強めの会社だったと思います。)
 
 
 
社是の内容ですが…、、、
知識」「行動」「責任」でした。
( スラっと書けた。覚えていた!! )
良い事を言ってるじゃないか!!
と思う人もいると思います。

 
でも…
朝礼の時以外に社是が話題になった
記憶が全く無いんです。



( 研修開始前も社是を唱和しますが
研修内容は商品知識など実務的で、
社是と絡めた「人としての在り方」みたいな話は一度も聞かなかった
)
 
 

もすゴリ
我が社が考える「知識とは」「行動とは」みたいな、社是の解説も無かった気がするね~
( 研修で一度くらいはあったかもしれないけど。)
 
当時の中森さん
知識 = 商品知識
行動 = 上司に素直に従う
責任 = ??? (よく分からないけど、社会人として責任ある行動をする)
みたいに考えていて
深く考えた事はなかったらしいよ。

行動基準(理念)と評価基準がバラバラだと、理念は「お飾り」になる

この会社は社会人1~3年目まで
在籍していたので、
あくまで「新入社員の目線・知識」
でしか書く事ができません。

( 5年位勤めたら、また違う視点で会社の事を捉えていたと思います )
 
 
 
そんな前提で書きますが
当時は
「知識・行動・責任とか社是 (理念) を
毎日唱えるくせに、
結局のところ、評価基準は販売額かぁ。
 
販売員が接客する小売業だから
個人の販売成績は大切だけど、
お店にお客が来店しなくて
売上目標が未達成なのを怒られるのは理不尽だな~


( 接客ミスやスキル不足で来店客を逃して怒られるなら納得するけれど )」
と感じていました。
 
 

もすゴリ
当時の中森さんは
「理念に失望」みたいに深くは考えていなかったけど、
「理念はお飾り」って思ってたよね。
中森
誤解されると嫌なので
付け足しをすると、
退職直後も今も、会社を嫌い/憎いと思った事は一瞬たりともありません。
 
Yシャツやネクタイは今でもこの会社の店で買うようにしていますよ!!

上司・先輩で「理念」を語る人はゼロだった

上司や店長、ついでに
近隣の店の社員 (同期や先輩)・店長
更には店長の上の役職の方などと
勤務時間内・勤務後に話す機会はたくさんありました。
 
 
でも…
今思い返すと理念の話題は一度も出た事がなく
社内の人事異動の噂
ライバル社の内情の噂
売上が目標額に届かない嘆き
などばかりだった気がします。
 

中森
当時はこういう話を
「オトナの深い話」と思っていて、今はよくわからないけど経験を積むと こんな事も話せるようになるんだな。
上司・先輩ってすごいなと思っていました。

 
人事異動・ライバル社の噂や
売上(目標額未達成)の愚痴なども、
社会人として経験が少ない身としては
興味深く聞いていましたが
「前向きな雰囲気」ではなかったです。
 
 
もし…
理念(社是)を詳しく解説してくれる人が当時いたら、
会社への愛着とか、販売職としての行動
が何か違っていたかもしれません。
( 仮定の話なので検証はできない )
 
 

もすゴリ
仕事に対する姿勢とか
部下への接し方に関しては
どの店長・先輩も尊敬できる人ばかりだったよ!!
 
当時の店長・先輩の年齢を今は超えているけれど、
「人として」「社会人として」は追いつけた気が…全然しないよね

 

理念・ビジョン・ミッションを日々の行動に落とし込むと、ビジネスが加速して成功する 2

まとめ

理念は大切。イマドキ理念を重視しない
会社なんて信じられない!!

という方からしたら
理念? あっても意味ないよ
という人は理解しがたいと思います。
 
 
そこで
「理念なんて意味が無い」と考えていた
時代の自分の話を書いて
「こんな考えもある」と参考情報を提供しようと思いました。
 

補足

新入社員時代の僕の考えが
「正しい」「賞賛されるべき」
なのかは別問題です。
 
若手社員は我慢してなんぼ
この人、我慢強くないな…
など思う方も多いと思います。
 
 
あくまで
理念があまり浸透していなかった職場の例
として
こういう事もあるのかと
捉えてもらえたら嬉しいです。

 
 
 
「理念」が人を動かす時代と聞き、会社員時代を振り返った ~理念が浸透しなかった失敗例~
は以上です。
 
最後まで読んで下さりありがとうございました。
次の記事でまたお会いしましょう!
 
 

関連ページ

フリーランスの仕事観記事・一覧はこちら
Return Top