【失言】 不適切発言で炎上した場合、削除・訂正どちらが良いのか? ~オカマ発言を基に考える~

【失言】 不適切発言で炎上した場合、削除・訂正どちらが良いのか? ~オカマ発言を基に考える~

注意

この記事には「LGBT」「ゲイ」
に関する話題が含まれます。
上記2つが嫌い/苦手な方は、
この記事は読まない方が良いです。

ナカマチ2丁目ブログの中森です。
 
企業の広報担当者の方や、個人事業主
お店のSNS/動画/ブログ担当の方にとって
考えさせられる出来事がありました。

「組織のメンバーが不適切発言をして
炎上してしまった。謝罪後、組織として
適切に言い換えた発言』に差し替えた
という事例です。
 
 
 
組織のメンバーの発言が不適切だったため
炎上してしまった場合、謝罪後に
削除が良いのか?
訂正が良いのか?

非常に悩ましいところです。

今日は
不適切発言で炎上してしまったら
削除と炎上どちらが良いのか?」を
考えようと思います。
 
 

「ゲイ=オカマ」炎上事件の概要

今回の炎上事件を簡単に説明しようと思います。
 
J-CASTニュースから抜粋しました。
(↓ ボタンを押すと読めます ↓)

石井一孝さんの「またオカマ役か」発言

舞台「ハルシオン・デイズ2020」出演者のコメントをめぐって、出演者コメントにLGBTに関して不適切な発言があったとして、
「ハルシオン・デイズ2020」の公式アカウントと作・演出の鴻上尚史さんが2020年9月17日に謝罪した。
 
 
 
問題となったのは、哲造というゲイの役を演じる石井一孝さんのコメントであった。
 
9月15日に発表されたコメントは、
 
「「またきてしまったのか……オカマ役が」。率直な第一印象である。
「蜘蛛女のキス」というミュージカルでモリーナという愛深きオカマを演じたのは10年ほど前だったか。
「女言葉と内股」という設定がなかなかなじまず、当然、稽古が嫌で、セリフを覚える気も起こらず、毎晩、ボーリング場に通った苦い思い出。
 
しかし、相手役や仲間にはげまされ役をつかむようになると、女心がわからなかったはずの私が生き生きと女を生きられたのだ。
今ではもうすぐに女になれる……気がしている(笑)。
しかし、鴻上さんとは初めまして。気を引き締めて挑みたい。もうボーリング場には通いたくないから」
 
(「ザ・テレビジョン」9月15日14時45分配信記事の16日取得ウェブ魚拓より)
 
[ 出典: J-CAST 記事はこちら ]

 
炎上ポイントは2つあります。
 
1 「オカマ」という呼び方は、
2020年の日本において「蔑視的な表現」と
捉える人が多く、「侮辱的で配慮がない」と思われた。
 
2 「ゲイ=オカマ」という考え方
2020年の日本において「時代遅れ」
「知識不足」とされているため、
セクシャルマイノリティへの敬意に欠けると解釈された。
 
 
 
石井さん本人や、石井さんのコメントを
掲載したスタッフ(チェックする立場の人)
は「問題ないと思ったのでしょうが
2020年の日本では「ダメ」と
多数の人が感じた模様です。

 
 

補足1: これを読んだ感想

石井一孝さんとは面識ないし
このニュースで存在を初めて知った位なので、石井さん個人に対しての感情は何もありません。
 
 
石井さんの炎上ニュースや
今回の記事を読んだ方に希望する事は…
 
常識や知識が昔のまま変わらず、『自分の中では “当たり前/問題なし”』だけど、今の基準だと問題発言
って事は意外とあるので
最新版の「不適切発言の基準」を意識して知るように勧めたいです。


(例)
僕が子供の頃は
黒んぼ (黒人)」「つんぼ (聴覚障がい者)」「バカチョン (バカでも朝鮮人でも使えるという意味の、操作が簡単なカメラ)」
などを、
祖父母・親や周りの大人が使っていました。
(今の感覚だと、凄まじい侮蔑表現!)
 

補足2: ゲイ=オカマ ではない

オネエ・ゲイ・ホモ・オカマ…
などの違いは、LGBT(性的少数者)ではない方には分かりにくいと思います。
 
 
オネエ・ゲイ・ホモ・オカマの違い
を3パターンにまとめました。

A 言葉や仕草が女性らしい男性
( 女性になりたい訳ではない )
B 現在男性。女性になりたい
C女性らしさは乏しい男性」で、男性が好き
 
 
下の各タブを切り替えると
詳しい説明が読めます。

言葉や仕草が女性らしい男性
 
「オネエ」と呼ばれ、メディアで注目を集めるため、「ゲイ=オネエ」と思う人が多い。
女性らしい部分が表れているが
女性になりたい訳ではない。
 
 
A + B(男性に見えるB)を「オカマ」と呼ぶ人もいるが、ABC全部を「オカマ」又は「ホモ」と呼ぶ人もいる。
( 厳密な基準はない )

日本では
ABC全部「オカマ」と呼んだ
( ABC全部を「ホモ」と呼ぶ人もいた )
見た目が女性になった後のBを「ニューハーフ」と呼んだ
Aをオカマ、Cをホモと呼んだ
など
時代や人により、「呼び方・分け方」が大きく変わってきました。
( 但し、分け方の基準は曖昧です )
 
 
そのため
ABC全部をオカマと呼んでいた時代に育った人の中には、今でも「男性同性愛者=オカマ」と思っている人もいます。

炎上して謝罪したら、「問題発言」は削除? 訂正?

会社の広報、お店のSNS(+動画ブログ)
などを担当している方にとって
ここからが考えどころです。
 
 
部下や上司、チームメンバーなど
自分以外の人が不適切な発言をして
名指しで批判が集まっている。


会社/店舗として謝罪はもちろんするが
その後、元の「不適切発言」は
削除 (取り消し) するのみ
訂正する
どうするのが正しいか、判断が分かれると思います。
 
 
 
( 発言内容によっては
「発言の趣旨が問題で、他の表現で訂正しても意味が無いから
謝罪と削除(取消)するしかない」
場合も多いと思います。
)
 
 
 
今回の例では
「不適切な言葉を違う言葉に変え、訂正した発言に差し替える
形で解決が図られました。
 

失言・失礼な発言・暴言を研究し、私達が人との会話やコミュニケーションで気を付けるべき点を探る企画

次のページに続きます。

Return Top