中森 学 【 広報誌を作るライター 】

小さな会社 & 個人起業家の、広報スキル・発信力アップを支援

デザイン素人が作ったチラシを、少しの工夫で大変化させた話 【販促・集客】

デザイン素人が作ったチラシを、少しの工夫で大変化させた話 【販促・集客】

先日、「お漏らしした」という
記事を公開した次に、まじめな
記事をシレっと書いていて

自分の心が段々わからなく
なってきたがっくんです。
それでもブロガー/ライターを
しています。

 

今日は
「デザイン素人の人が
チラシを作る時、気を付ける事」
を書こうと思います。

デザイン素人が作ったチラシ・販促物の見栄えを良くするワンポイント講座 (元のチラシ。ちょっと読みにくい)

自作チラシを作る人は多い

Wordやエクセル、パワポで
チラシを作る方は多いと思います。

わざわざデザイナーの人に
頼むほどのチラシではない
(ごく小規模なイベント)

チラシの配布部数が少なく
デザイナーに頼む費用が無い

急ぎで作りたいので、
デザイナーさんとやり取りする
時間がない

など、
チラシを
「自作で構わない」
「自分で作るしかない」
「自分で作った方が早い」
という理由で

 

パワーポイント、エクセル、
ワードなどでチラシを作るけど

見栄えに自信はないな…
というお悩みを聞き、
この記事を書きました。

デザイン素人が作ったチラシ・販促物の見栄えを良くするワンポイント講座 (余白を確保してスッキリ見せた)

素人がチラシを作る時のポイント3つ

デザインを勉強した事ない人が
いきなりプロのデザイナー並の
出来栄えの作品を作るのは



正直難しいですが、

ちょっとした事に気を付けると
「当社比3倍」みたいな
過去の自作チラシと比べて
見栄えがググっと良くなります。

 

3つ簡単にまとめると
(1) 余白を確保する
(2) 配置 (端、縦横) を整える
(2) 色数を絞る
だけです。

 

全部一度に書くと長~~く
なってしまうので、
この記事では
(1) 余白を確保する
についてを書こうと思います。

デザイン素人が作ったチラシ・販促物の見栄えを良くするワンポイント講座 (余白が無いとゴチャゴチャして見える)

(1) 余白を確保する

デザイン素人がチラシを
作る時、
唯一最低限気を付ける事




余白を確保せよ!!
です。

 

余白が無くてゴチャゴチャ
というチラシは

パっと見の段階で
「見る気が失せる…」

読んですらもらえないという
悲しい結果を招いてしまいます。

 

 

余白を確保する方法ですが



あまり深く考えると難しいので
まずは
用紙の端から1.5cmは
余白確保

と覚えておけどOKです。

(欲を言えば2cm)

 


 

ゆるっとまとめ

デザインど素人がチラシを
作る際、
とりあえずココだけチェック

最低限気を付けるなら

余白
(紙の端から1.5cm~2cm空ける)
です。

 

自分の作ったチラシの見栄えが
イマイチだな…
と思ったら、

まずは「余白」を意識して
みてくださいね!!

 

今日は真面目な内容でした~!!

Return Top