【紹介】 アニメっぽい画像加工は、Pics Art を使ってます

【紹介】 アニメっぽい画像加工は、Pics Art を使ってます

ナカマチ2丁目ブログの中森です。
なんと! 読者の方から質問をもらいました。
( このブログを始めて初 )
 
 
画像加工には何のアプリを使っているんですか?
という質問だったのですが…
Pics Art というアプリを使っています。


( スマホはiPhoneです。Androidで
Google Playからダウンローできるか
知らないので、Androidの方は各自で
確認
お願いします
)
 
 
 
今日は、Pics Artを使っている理由を
書こうと思います。
 

きっかけ: 汚部屋をごまかす為だった

Pics Artは便利なアプリで、
スマホで画質修正・切り取りや合成、
フィルタ加工など色々な事ができます。
 
今は主にフィルター加工によって
リアルな写真を「アニメ風」に加工する
のに使っていますが、
きっかけは



室内で写真を撮った時、
被写体以外の部分 (背景=室内) が
ゴチャゴチャしていて汚く、
何とかごまかしたかった

からです。
( まさかの、そういう理由! )
 
 
 
上の写真2枚のように
生活感を消せる
傷ついた机や、色あせた壁もごまかせる
のが都合よく、3年以上使っています。
 
 

画像の統一感も出せる

現在は全ての写真を一度
Pics Artのフィルター加工をした後に
ブログやSNS用の画像に使っています。
 
 
これをしていて良かった事
ブログやSNSの写真に統一感が出る
点です。


写真や画像を用意する方法は
いくつかあり、
自分で撮影
PCやスマホの画面をキャプチャ
素材集からダウンロード
などバラバラなので、
「生(加工前)」の写真の雰囲気はバラバラです。
 
 
これらに「アニメ風」の加工をする事で
雰囲気に統一感を持たせられるので、
重宝しています。
 
 

主に使っているファルタは、「Pow」

Pics Artのファルタは何種類かありますが
現在は「Pow」というフィルタをメインで
使っています。
 
 
加工の度合いも調整できるのですが
100%加工ではなく、出来上がりの様子を
見ながら「やり過ぎない様に」調整して
50%~80%の範囲でちょっとアニメ風
なるようにバランスを取っています。
 
( 例: 近所の風景 )
 

まとめ

「どんなアプリを使っているの?」と
質問をもらったので、
画像加工アプリのPics Artを紹介
してみました。
 
 
他にもいくつかアプリは使っているので
また別の記事で紹介しようと思います。
 
 

関連ページ

● [ダサさが心地よいSNS]
【紹介】「映えない・ありのまま」が心地よい! ダサSNS「アンスタ―クラブ」 ● [オンライン個展サービス]
【紹介】 cotenというweb個展サービスが面白くて、柏市に出かけた写真を投稿してみた ● [キャッシュレスって得なのか検証]
【検証】キャッシュレスのポイントやクーポンを使うと、どれ位得するか調べてみた  
 

Return Top