【失言】 難病ALSを「業病」と表現した石原元都知事から学ぶ事 ~失言博物館(1)~

【失言】 難病ALSを「業病」と表現した石原元都知事から学ぶ事 ~失言博物館(1)~

難病であるALS(筋萎縮性側索硬化症)を
業病」と表現した事が問題視され、
作家であり元都知事・元環境庁長官の
石原慎太郎さんのツイートが批判されています。
 
 
 
批判の声は「業病」という表現により
難病にかかったのはその人の今までの
行いや前世での行いが悪かったからだ

と言わんとしている。失礼だ!
という意見です。
 
指摘の通り石原さんが「ALS患者は行いが
悪かったから罰としてALSになった」と
考えていたら、配慮が無い人と思われても
仕方がないと思います。
 
 
 
この記事では
「石原慎太郎けしからん!!」という見方以外に
石原さんのツイートを深堀し、
私達が他人と人間関係を築く上で役立つ
ヒントを探そうと思います。
 

「業病」という表現が問題視されている

ALSは全身の筋肉が衰えて身体の自由が
無くなる原因不明の難病です。
 
 
身体は不自由になる」一方で
頭脳の働きは衰えない」ため、
自分の身体が徐々に動かなくなっていく
様子が明確にわかる患者の方の気持ちは
予想を遥かに超えて辛いと思います。
 
 
[解説: ALSとは]  
 
「厳しい病気」「むごい病気」などを
表現する言葉として石原さんは
「業病」を使ったのかもしれません。
 
しかし、「業病」は下の通り
前世や過去の行いが悪く、因果応報で
罰として病気になった
」という
意味なので、
ALS患者の方を侮辱しているのではないか
と問題視する人が批判を寄せました。
 
 

意味: 業病とは

前世の悪業 (あくごう) の報いでかかるとされた、治りにくい病気。難病。
 
出典: goo辞書

教訓1: 使い慣れない表現 (飾り文句・形容) は避ける

石原さんは「辛い難病」を強調する目的で
「業病」という言葉を使ったと思います。
 
 
「業病」の意味を複数の辞書で調べた所…
「悪行の報いでなった難病・重病」の意味も
あるのですが、
純粋に「難病」だけを意味する辞書もありました。
 
( 石原さんが「業病」をどの様な意味で
使ったかは分かりません
)
 
 
 
ともあれ
作家レベルで語彙が豊富でない一般人
(僕も含む) は、日常生活では使わない
「業病」は使わないのが無難でしょう。
 
 
 
 
[ 類似の炎上例 ]
 
同時期の炎上例として、太った男性
容姿を「チーズ牛丼食ってそう」と
表現した動画出演者の発言が炎上しました。
 
「チーズ牛丼食ってそう」と容姿を揶揄
する事で笑いを取ろうとしたのですが、
動画の主旨とは関係なく、不要な発言でした。
 
 
 
 
[ 教訓1のまとめ ]
 
インパクト狙いや協調する目的で
一般人が使い慣れない表現を使うと
使い間違いをして批判される可能性がある  

失言・失礼な発言・暴言を研究し、私達が人との会話やコミュニケーションで気を付けるべき点を探る企画

教訓2: 憎い人の失敗や不幸を喜ばない

石原さんがALS患者の方の事を
「(本人の) 悪業の報いだ」と明確に
述べた訳ではありませんが、
このような考えは私達の心の中にも
無い訳ではありません。
 
 
 
(例)
A 障害を持つ赤ちゃんが生まれた時
お母さんを責める
(又は お母さんが自身を責める)
 
B 何となく気に入らない芸能人
仕事で失敗したり、プライベートで
不幸があると「ざまあみろ」と思う
 
C 嫌いな上司や同僚が病気になったり
プライベートで不幸があった時、喜ぶ
 
 
 
AやCの場合ですが、
病気やケガと「過去の行い」は
関連ありません。
 
それでも、「他人の不幸は蜜の味」という
言葉がある通り、BやCのように
嫌いな人の失敗や不幸は喜びたくなるものです。
(身に覚えがある方もいるのでは…)
 
 
 
 
[ 教訓2のまとめ ]
 
病気やケガは過去の行動と関係はありません。
 
嫌いな人が病気になったからと言って
「過去の行いが悪かったから」と考えるのは
正しくありませんし、
他人の不幸を喜ぶのは「本物の幸福」なのか
疑問です。

( 一時的に嬉しいのは確かですけど )
 
 

まとめ

石原慎太郎さんがALSを「業病」と
表現した事が批判されている件から
私達が学べることを2つ挙げてみました。
 
 
1 言葉の素人である一般人は
慣れない修飾語を使うと意味を間違えて
誤解される可能性がある
( 僕も一般人に含まれます )
 
 
2 嫌いな人が病気になったり不幸が
あると、「過去の行いが悪いから」と
考えがちだが、関連はない。
(「他人の不幸は蜜の味」という
考えも良くない
)
 

補足: 石原さんの過去の発言

なお、
石原慎太郎さんの過去の発言を調べると
 
水俣病患者の人が書いた手紙を
「IQが低い人が書いた」と発言。
(病気で手が不自由に為、歪んだ字)
(環境庁長官時代)
 
同性愛者について「何か足りない人達」
と発言。(2010年)
 
 
自分の価値観に沿わない少数派の人を
一段下に見る傾向があると評価されています。

Return Top